友達や両親に助けられた通信制高校の生活

勉強がしたくてこの高校を選んだ

中学時代よりも明るく活動的になった勉強がしたくてこの高校を選んだここでしか得られない高校生活

クラスメイト達と一緒に過ごすうちに中学時代の孤独感は消え、自分にも友達がいて、いつでも話ができる親友がいることが自信にも繋がっていったのでしょう。
先生の顔を直接見ることなく通信で学ぶ形式上、難しいことはたくさんあります。
なによりも大変だったのが学習に対するモチベーションを保つことでした。
授業は自分で始めないといけませんし、上手くやればさぼることもできてしまいます。
先生が目の前にいないのでプレッシャーがない一方で、その場ですぐに質問ができなかったり、クラスメイトが一体となって授業を理解していく感覚が得られにくいのが難しいところです。
学習を続けて単位を取り、きちんと卒業するには自分のモチベーションを自ら高める必要があります。
一時期はさぼりがちになってしまったこともあり、両親や友達には心配をかけてしまいました。
しかし、考えてみれば私はもともと鬱屈した環境を離れて勉強がしたくてこの高校を選んだのです。